厚生労働大臣が指定する病院の病棟並びに厚生労働大臣が定める病院、基礎係数、暫定調整係数、機能評価係数Ⅰ及び機能評価係数Ⅱ

キーワード:係数告示


厚生労働大臣が指定する病院の病棟並びに厚生労働大臣が定める病院、基礎係数、暫定調整係数、機能評価係数Ⅰ及び機能評価係数Ⅱ
(平成24年3月26日厚生労働省告示第165号)
一部改正:平成28年3月18日厚生労働省告示第76号
最終対応:平成29年5月31日厚生労働省告示第214号当サイトの対応履歴

一 診療報酬の算定方法(平成二十年厚生労働省告示第五十九号)第一号ただし書に規定する厚生労働大臣が指定する病院の病棟

別表第一から別表第三までの病院の欄に掲げる病院の一般病棟

二 厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法(平成二十年厚生労働省告示第九十三号)別表4から6までに規定する厚生労働大臣が定める病院

別表第一から別表第三までの病院の欄に掲げる病院

三 厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法別表21に規定する病院ごとに厚生労働大臣が定める基礎係数、暫定調整係数及び機能評価係数II

別表第一から別表第三までの基礎係数の欄に定める数及び別表第一から別表第三までの病院の欄に掲げる病院についてそれぞれ別表第一から別表第三までの暫定調整係数及び機能評価係数IIの欄に定める数

四 厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法別表21に規定する厚生労働大臣が定める機能評価係数I

イ 別表第一から別表第三までの病院の欄に掲げる病院であって診療報酬の算定方法別表第一医科診療報酬点数表(以下「医科点数表」という。)区分番号A104に掲げる特定機能病院入院基本料に係る届出を行ったものに係る機能評価係数I
別表第四の左欄に掲げる医科点数表に規定する診療料(以下「診療料」という。)を算定することができる病院ごとにそれぞれ同表の右欄に掲げる数(七対一入院基本料の届出を行っている病棟の一部を十対一入院基本料に段階的に変更するものとして届出を行った病院にあっては、同表の左欄に掲げる入院基本料については十対一入院基本料に係る項の右欄に掲げる数、同表の左欄に掲げる診療料のうち二以上の項に掲げるものを算定することができる病院にあっては、当該二以上の項の右欄に掲げる数を合算して得た数)
ロ 別表第一から別表第三までの病院の欄に掲げる病院であって医科点数表区分番号A105に掲げる専門病院入院基本料に係る届出を行ったものに係る機能評価係数I
別表第五の左欄に掲げる診療料を算定することができる病院ごとにそれぞれ同表の右欄に掲げる数(七対一入院基本料の届出を行っている病棟の一部を十対一入院基本料に段階的に変更するものとして届出を行った病院にあっては、同表の左欄に掲げる入院基本料については十対一入院基本料に係る項の右欄に掲げる数、同表の左欄に掲げる診療料のうち二以上の項に掲げるものを算定することができる病院にあっては、当該二以上の項の右欄に掲げる数を合算して得た数)
ハ 別表第一から別表第三までの病院の欄に掲げる病院(イ又はロに規定する病院を除く。)に係る機能評価係数I
別表第六の左欄に掲げる診療料を算定することができる病院ごとにそれぞれ同表の右欄に掲げる数(七対一入院基本料の届出を行っている病棟の一部を十対一入院基本料に段階的に変更するものとして届出を行った病院にあっては、同表の左欄に掲げる入院基本料については十対一入院基本料に係る項の右欄に掲げる数、同表の左欄に掲げる診療料のうち二以上の項に掲げるものを算定することができる病院にあっては、当該二以上の項の右欄に掲げる数を合算して得た数)

別表第一

一部改正(平成29年3月30日厚生労働省告示第105号)

別表第二

一部改正(平成29年3月30日厚生労働省告示第105号)

別表第三

一部改正(平成29年5月31日厚生労働省告示第214号)
一部改正(平成29年3月30日厚生労働省告示第105号)
一部改正(平成28年9月30日厚生労働省告示第360号) 
一部改正(平成28年6月30日厚生労働省告示第274号)

別表第四
別表第五
別表第六