厚生労働大臣が定める傷病名、手術、処置等及び定義副傷病名

キーワード:定義告示


厚生労働大臣が定める傷病名、手術、処置等及び定義副傷病名
(平成20年3月19日厚生労働省告示第95号)
全部改正:平成28年3月18日厚生労働省告示第75号
最終対応:平成29年11月21日厚生労働省告示第338号
当サイトの対応履歴

厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法別表2017に規定する傷病名、手術、処置等及び定義副傷病名は、次の表のとおりとする。

01 神経系疾患

02 眼科系疾患

03 耳鼻咽喉科系疾患

04 呼吸器系疾患

05 循環器系疾患

06 消化器系疾患、肝臓・胆道・膵臓疾患

07 筋骨格系疾患

08 皮膚・皮下組織の疾患

09 乳房の疾患

10 内分泌・栄養・代謝に関する疾患

11 腎・尿路系疾患及び男性生殖器系疾患

12 女性生殖器系疾患及び産褥期疾患・異常妊娠分娩

13 血液・造血器・免疫臓器の疾患

14 新生児疾患、先天性奇形

15 小児疾患

16 外傷・熱傷・中毒

17 精神疾患

18 その他の疾患

備考
1 「ICDコード」の欄に掲げるICD-10コードは、平成21年総務省告示第176号(統計法第二十八条及び附則第三条の規定に基づき、疾病、傷害及び死因に関する分類の名称及び分類表を定める件)の「3 (1) 疾病、傷害及び死因の統計分類基本分類表」に掲げる分類項目のコードをいう。
2 「区分番号等」の欄に掲げる区分名は、診療報酬の算定方法(平成20年厚生労働省告示第59号)別表第一に掲げる区分をいう。